2016年7月6日水曜日

シンガポールが金融テクノロジー《フィンテック》のアジア拠点争いをリード

シンガポールが金融テクノロジー《フィンテック》のアジア拠点争いをリード

金融テクノロジー《フィンテック》のアジア拠点をシンガポールと香港が争っていますが、シンガポールがリードしているというニュースが入ってきました。





BLOGOSより

アングル:アジアのフィンテック拠点争い、シンガポールが先導

[シンガポール 4日 ロイター] - シンガポールが金融テクノロジー「フィンテック」のアジア拠点を目指して国家による資金拠出や規制緩和などの対策を進め、競争相手の香港をリードしている。
シンガポールは従来からオフショアのプライベートバンキング(富裕層向け金融サービス)拠点だが、隣国マレーシアの大規模なマネーロンダリング(資金洗浄)事件などを受け、その地位が脅かされている。
伝統的な主要産業である海運や製造業も、世界的な景気減速や資源安で足腰が弱っている。



<ブレグジットが追い風>
そうした中、ロンドンに拠点を置くフィンテック企業約6万社がシンガポールに関心を寄せており、英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を決めた今、こうした傾向は加速しそうだ。
フィンテック関連のコンサルタント会社、trybの共同創設者であるMarkus Gnirck氏は「英国で競争が激しくなり過ぎたためアジアに拠点を移したいという声が、英国にある企業から既に寄せられている。ブレグジットでこうした会話がさらに増えそうだ」と語る。
trybによると、シンガポールにあるフィンテック企業約210社のほとんどが過去2年以内に起業したもので、成長速度はアジアで最も速い。

<障害>
しかし新興企業やコンサルタントによると、シンガポールには外国人労働者の流入を制限して自国民を優先する移民法があり、これが人材不足を招いてフィンテック産業の障害になっている。

またシンガポールの銀行規制はリスク回避志向の文化を生み出しており、試行錯誤が身上の新興フィンテック企業とは相入れない。
もっとも、シンガポール政府の努力は実を結びつつある。

アジアの機関投資家に調査・分析を提供するプラットフォームを運営する新興企業、スマートカーマは、香港ではなくシンガポールを拠点に選んだ。

同社のラガーブ・カプール最高経営責任者(CEO)は「イノベーションの支援という点でこれほど進歩的な政府を持つ都市は、世界中見渡しても他にはない。許認可しかり、資金援助の機関しかり、事業運営上の支援しかり」と話す。
事実、シンガポールの国家機関SPRINGはスマートカーマに投資し、政府機関のインターナショナル・エンタープライズは同社の海外進出を支援している。

<出遅れる香港>
香港のフィンテック産業は3億ドル規模に達しているが、法律家やコンサルタントによると新興企業は厳しい規制上の障害に直面する。trybによると、香港のフィンテック企業は100社に満たない。
香港の規制では、クラウドファンディングのプラットフォームや決済企業、個人間の貸し借りを仲介するピア・ツー・ピア事業を立ち上げたり、事業認可を得るのが難しい。
香港の金融サービス発展評議会(FSDC)のローラ・チャー会長は「われわれはまったく動きが遅い。この成長分野(フィンテック)は金融産業の鍵を握る要素であり、無視できない」と述べた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース