2016年5月27日金曜日

シンガポールに日本式の大型入浴施設「湯の森」が完成・開業しました

シンガポールに日本式の大型入浴施設「湯の森」が完成・開業しました

シンガポールに日本式の入浴施設がオープンしました。

当初の開業予定が春だったので少し遅れてしまったようですね。

お風呂は
バイブラバス
ソーダスパ
ジェットバス
シルクバス
コールドバス
サウナ
スチームサウナ
と充実しているようですよ

さらにマッサージやスパも期待できますね



湯の森 SINGAPORE
住所:1 Stadium Place #02-17/18, Singapore Sports Hub, Singapore 397718
電話番号:6386 4126 / 6385 7985
メールアドレス:
営業時間:午前10時-翌2時 
湯の森温泉&スパはカランウェーブモール内のシンガポールスポーツハブ商業エリアにございます。



NHKニュースより

シンガポールに日本式の大型入浴施設が完成

赤道直下のシンガポールに日本式の大型入浴施設が完成し、日本の温泉文化を気軽に楽しむことができるとして注目が集まっています。
シンガポール中心部のショッピングモールに完成したこの大型入浴施設は、日本食レストランなどを手がけるシンガポールの企業が建設したもので、27日のオープンを前に26日、内外のメディアや旅行会社の関係者などに公開されました。



施設内には水道水を沸かした湯加減などが異なる6つの風呂が設けられ、浴衣の無料貸し出しのサービスがあり、大人1人、日本円にしておよそ3000円で日本の温泉文化を気軽に楽しむことができます。このほか、レストランやマッサージのコーナーもあって、いわゆる「スーパー銭湯」のような趣です。施設を案内されたシンガポール人の女性は「体がリラックスできるので温泉は大好きです。日本は遠いですが、ここならいつでも来ることができます」と話していました。

赤道直下のシンガポールは、1年を通じて気温が30度近くあり、熱い湯につかる習慣はありませんが、最近は日本を観光で訪れた際に温泉を体験したという人も増えていて、初めての大型入浴施設に注目が集まっています。総支配人の榎川雄也さんは「日本でなくても入浴が体験できる施設があるということを広く知ってもらえれば、十分に商機はあると考えています」と話していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース